太陽光発電は大変魅力的なものです。
無限のエネルギーに、クリーンなエネルギー、初期投資さえ乗り切れば、光熱費がかからないのも魅力です。
しかし、その初期投資が大きいので、失敗しないための方法を考えるのも重要です。
さて、こうした方法を考えるには失敗例を知ることが重要だと思います。
どのような失敗があるかといいますと、一番大きいのは施工業者の選別ミスで、例えば補助金がもらえないのにもらえるといって、契約させたり、工事が必要なのに、最低限の工事すらせずに、雨漏りにしてしまったり、耐久力が弱いソーラーパネルを買わされたりするパターンです。
ですから、注意しなければならないのは、あなたが業者をしっかりと見ることが大切で、会社の信頼性や、評判をある程度調べた上で、納得がいって始めて購入するのが一番良いのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
さあ、皆さんも今回上げた失敗例に注意をして、一番良いものを導入してくださいね。