これまで、寒暖の差が激しいところに住んでいたからか、豊橋市での暮らしは快適です。
それでもっと心地のいい暮らしをしようと、太陽光発電をとり入れました。
それは太陽光発電を設置しますと、暑さも寒さも軽減できるということからです。
具体的には、屋根にそのソーラーパネルを置きますと、夏の暑い季節には屋根の温度上昇を抑えて、冬の寒い季節には家の中の温度が漏れるのを抑える効果が期待できるというものです。
そのお話をお聞きして、「屋根に手を加えるだけでそんなに温度が変わるのだろうか?」と思いましたが、これが変わったのです。
猛暑と言われた夏には、越して来た当初は冷房を付けなければ蒸し風呂のような暑さがこもる室内でしたが、それが扇風機だけで快適に過ごせるようになりました。
そして寒い冬には、暖房を休ませる機会が増えました。
それは一度温めますと、温度が長く保たれるようになったからです。
これだけでも節電ができています。
これに太陽光発電の電力を使うのですから、結構な節電になっています。
気候やそれに伴う室内の快適さは、変えることは出来ないとあたり前のように思っていましたが、これも時代か変えられて、何でもかなう世の中になったと感じています。