未来を住みやすい環境のまま子供達に託すために、エコや省エネは大きな課題となります。
災害時や停電時に自給自足出来て、地球温暖化を招く二酸化炭素の出ない太陽光発電はとても魅力的なシステムです。
導入を考えたら、一社ではなく何社かで見積もりをとることをお勧めします。
安い買い物ではありませんし、導入すれば10年以上付き合っていくことにもなります。
失敗しないためにも、慎重に検討していきましょう。
まず自宅の屋根の向きや形状を正しく知る必要があるので、図面を用意します。
太陽光発電の場合、屋根の向きや設置角度により発電量が変わってくるのです。
簡単に言ってしまうと、光エネルギー変換効率のよいソーラーパネルを多く設置すれば、発電量も増えます。
現地調査を販売施工会社に依頼して、詳しく聞いてみましょう。
屋根の素材や老朽化などの影響により設置に際して補強工事が必要になる場合もあります。
ソーラーパネルの設置枚数や、日照条件を元に導入コストが何年後に回収できるかを知ることも大事です。