シャープ 太陽光発電の特徴

シャープといえば、様々な電化製品を作っている会社としてもかなり有名です。
そのシャープは、太陽光発電のパネルも製造しています。
その歴史はかなり古く、すでに50年以上前から研究開発を進めています。

さて、シャープの太陽光発電の特徴といえば、色々な形状の太陽光パネルを採用しているという事です。
日本の屋根は、四角い形をしているだけではありません。
例えば数寄屋造りの屋根などに関して言えば、その形は三角形です。
そこに四角いパネルを張り付けると、どうしても隙間ができてしまい、スペースが無駄になってしまいます。
ですがシャープの場合は三角形のパネルも作っていいるので、三角形の屋根であっても無駄なスペースは最小限で抑えられます。
パネルのサイズも数センチ単位で変える事ができます。
その為、その屋根の大きさに合った最適な大きさのパネルを貼る事が可能です。

また、シャープでは屋根ごとに最大電力を変換する事ができます。
これによって、電力の無駄が生じる事無く太陽光で発電する事が可能となるのです。

さらに太陽光発電のデメリットとして、熱に弱いというのがあります。
従って、夏場などは太陽の光はさんさんと照り付けますが、気温が高すぎて、変換効率が低下してしまいます。
ですがシャープはそうではなく、従来の製品よりも熱に強い物を開発しています。
それを使用する事で、従来に比べて夏の暑い時期であっても発電量が下がりにくい傾向です。

そして、保証期間が長いのも、シャープの特徴です。
太陽光発電は、長期間使用するものです。
従って、短期間しか保証していない物だと、何かあった時に困ってしまいます。
シャープは10年保証、または15年保証となっているので、長期間安心して使う事ができます。

太陽光発電のパネルを制作しているメーカーは数多くありますが、その中でもシャープの製品に関しては魅力的な特徴が揃っています。
その製品は、50年にもわたる研究の歴史と、それによるデータに基づいて制作されています。