色々な太陽光パネル

太陽光パネルは、太陽光発電を行う上でなくてはならないものです。
また、このパネルですが、様々な製品が各社から販売されています。
実際に太陽光発電を導入する時は、どこのパネルを使うか、それをしっかりと調べるのが重要です。
それぞれの会社で様々なタイプが販売されていて、さらにそれぞれのパネルで特徴があるからです。

一般的に、太陽光パネルは大きく分けると国産メーカーの物と、海外メーカの物に分けられます。
特に、国産に比べて海外のメーカーは安価なものもあり、とにかく安く太陽光発電を導入したい人などにはお勧めの物です。

また、太陽光パネルはシリコン系と化合物系に分ける事ができます。
さらにシリコン系には多結晶と単結晶、アモルファスシリコンなどがあります。
現在では単結晶タイプとアモルファスシリコンを合わせたハイブリッド型も開発されているのが現状です。
それぞれで特徴があるので、どのタイプを使うかを決める時は、その特徴をよく理解しておくのが重要です。

例えば、一番昔から使われているタイプは、単結晶タイプです。
これは発電効率が高いという性質がありますが、製造する時のコストが高くなってしまいます。
その為、太陽光発電を導入する時にこのタイプを用いると、どうしても導入費用そのものが高くなってしまいます。
単結晶よりは少し発電効率は落ちますが、価格が安価になるのが多結晶タイプです。
製造で必要とするエネルギーも少なくて済むので、現在の支流はこのタイプになってきています。
ハイブリッド型は現在もっとも単価が高いタイプです。
発電効率は単結晶よりも高くなりますが、価格も高くなってしまいます。

シリコン系以外で言えば、化合物系があります。
これは製造コストが安く済むので、大量生産にも適しています。

太陽光発電を導入する時は、それぞれの特徴を大まかにでも知っておく必要があります。
そうする事で、自分の家に適しているものを選べます。
また、様々な太陽光パネルを比較検討する時は、それぞれのパネルの発電効率と、最大出力に対するパネルのなどから判断するのが妥当です。